【体験談】メルカリで売れる出品者になるためには?結論、自分の評価を高めて信用を得る!

未分類

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

今回は、メルカリで売れる出品者になるためには、自分の評価を高めて信用を得ることが重要

という話をしたいと思います。

スポンサーリンク

メルカリ内の取引について

匿名での取引は誰しも不安

メルカリを発展させた要因として、匿名で取引を行えることが挙げられます。

自分の本名や住所は相手に知られたくないのは当然です。

しかし、匿名だからこそ、万が一のことがあったら…と心配になります。

例えば、

  • 偽物
  • 商品状態の虚偽
  • 出品者がトラブルメーカー

などが心配な点として挙げられるのではないでしょうか。

実物を自分の目で見て触ってということが出来ない状態での買い物は、不安になるのは当たり前のことです。

今でこそオンラインショッピングが普及しECサイトを利用する人が増えてきましたが、今私たちが利用する頻度が多いECサイトは会社の規模が大きくなり、世間からの信用を得たからこその結果だと思います。

だからこそ、メルカリでも同様に購入者にいかに信用されてもらえるがメルカリで売れる出品者になるためのカギとなるわけです。

では、どのようにすれば購入者に信用を与えることが出来るのか。

その答えこそが、メルカリの自分の評価を高めることなのです。

なぜ、自分の評価を高める?

メルカリでは取引を行った後にお互いに相手の評価をします。

取引でのコミュニケーション、発送、届いた商品の状態など、取引全てを含めた評価をします。

評価は、

  • 「良かったか」or「悪かったか」のどちらかを選択
  • コメントする場合もあります。

取引をこなしていき「良かった」が増えることで、客観的な自分の評価を購入者に見てもらえるので、相手に自分に対する信用を与えることが出来るのです。

私の経験上、丁寧な包装やスムーズな取引を行うと、ありがたいことに取引相手から「丁寧な包装で良かったです。」や「スムーズなお取引ありがとうございました。」などのコメントをいただけることもあります。

「良かった」に加えてポジティブなコメントを残してくれると、より相手に信用を与えることが出来ます。

では、具体的にどのようにして自分の評価を高めるか。

次に、私がこれまで実践してきたメルカリで評価を高める方法をご紹介します。

自分の評価を高める方法

メルカリで購入してみる

メルカリ始めたては自分の評価は付いていない状態です。

星が付いていない出品者ですと、大丈夫かなと不安に思われると思います。

また、いきなり出品といっても、相手とのコメントのやり取りや包装の仕方、配送方法などわからないことだらけです。

ネットで検索すれば解決することがほとんどですが、私は、商品を購入して実際に取引を行うことをお勧めします。

なぜなら、どのようにしてメルカリで取引をしていけばいいのか、「実践」することが一番早く学べると考えるからです。

メルカリで商品購入を経験することで、購入する立場の気持ちがわかるようになります。

購入する立場の気持ちとコメントのやり取りが学べて、かつ購入した自分にも評価されるので、商品を購入するだけでも様々なことが学べます。

自分の評価を高めるにまずは、メルカリでいろいろ商品購入してみることを最初のステップとしてお勧めします。

とにかく出品する

自分の評価に「良かった」が付いてきたら、メルカリで商品を出品しましょう。

着なくなった服、本、雑貨品など、とにかく自分が使わなくなった物を出品してください。

「売れるかわからないから出品しない」という方もいますが、意外と他の人にとっては探していたものや、マニアの中ではレアものというパターンもあるので、とにかく出品してみましょう。

メルカリ始めたての場合、商品の包装やコメントのやり取りなど、わからないことだらけですが、ネットで検索すればすぐに解決方法が見つかるので、大丈夫です。

商品を購入した際に、相手がどのように包装しているのか研究してみるのも手です。

丁寧な包装を心がけることで、取引相手から「良かった」の評価やポジティブなコメントをいただけるようになります。

出品を重ねるうちにコツもつかんで評価も高まっていくはずです。

丁寧な包装を心がける

私の経験上、丁寧な包装を心がけると相手もきちんと評価してくれます。

丁寧な包装というと、大手ECサイトで購入した場合と同じような新品の資材かと思われるかもしれませんが、そこまでかっちりする必要はありません。

新品の資材を用意出来るならそれに越したことはないのですが、家に余っている包装資材でも全然大丈夫です。

ただし、いかにも使い古しの資材はNGです。

結局は、購入した商品が取引相手に無事に届けばいいので、外側の資材よりも中の商品を守る対策の方が重要です。

商品のジャンルによって様々な対策がありますが、一番は身近に対策するべきことは、雨対策でしょう。

自分が購入した商品が濡れて届いたら嫌ですよね。

商品は外側の資材から雨水が染みこんでも大丈夫なように、雨を浸透させないビニール袋ケースに商品を包んでから、紙袋や段ボールに入れて出品するようにしましょう。

購入者の立場になって考えれば当たり前のことですが、たまに、資材に直で商品を入れてくる出品者の方も経験上いたので、気を付けていただきたいです。

きちんと購入者の立場になって包装すれば相手も評価してくれるので、結果的に「良かった」が増えます。

また、「丁寧な包装ありがとうございました。」と律儀にコメントしてくれる方もいらっしゃるので、丁寧な包装を心がけて出品してみてください。

まとめ

メルカリで売れる出品者になるためには、自分の評価を高めて信用を得ることが重要!ということについてまとめました。

メルカリは、匿名で取引を行うからこそ相手にいかに自分を信用してもらうかが大切になります。

私の経験がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました