使わなくなった物をメルカリで売れるコツとは?自称「メルカリ中級者」が教える6つのコツ

未分類

こんにちは。

Hiro(@Hirolog_411)です。

メルカリを使い始めて約4年。

始めたての頃は右も左もわからない状態でメルカリで出品していましたが、なんだかんだ売っては買ってを繰り返し、メルペイ残高は10万円付近を行ったり来たりしている状態です。

現状、使わなくなった物90品を出品し87品売れています。

長くメルカリを使っていると「売れるコツ」がわかってきました。

巷で流行りの「メルカリで月10万円稼ぐ!」といったビジネス系ではなく、私の場合、普通に使わなくなった物を出品しているだけなので怪しい方法ではありません(笑)

そこで今回は、自称「メルカリ中級者」のメルカリで売れる6つのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メルカリで売れる6つのコツとは?

写真はなるべく多く

出品した商品がどのような状態なのかが相手に伝わりやすいように、写真はなるべく多く掲載するようにしてください。

私はメルカリでは主に、服・靴・本などを出品しているのですが、

服は、

  • 正面
  • 背面
  • ブランドのタグ
  • サイズ表記のタグ

靴は、

  • 正面
  • 側面
  • 靴の裏
  • サイズ表記のタグ
  • 靴箱

本は、

  • 正面
  • 背面
  • 場合によっては書き込みがある部分

これらの写真を掲載するようにしています。

仮に、汚れ、傷、その他不備がある商品を出品する場合は、その不備部分もきちんと写真掲載するようにしてください。

「バレなきゃいい」という考えは捨ててくださいね。

商品状態を細かく記入

新品の商品を包装から出したりタグを切ってしまえば、使用していないにかかわらずその商品は中古品になります。

メルカリでは、新品・未使用品や未使用に近い状態の商品が売れやすいです。

なるべく新品に近い物を選びたくなるのは当然ですよね。

ですので、商品を売れやすくするためにもできるだけ商品状態を細かく記入するようにしましょう。

例えば、

服なら、勢いでタグを切ってしまったけど試着だけして結局着なかった、なんてこともあるのではないでしょうか。

そのようなときは、商品の説明欄に「試着のみです」と記入しましょう。

本なら、「書き込み、汚れなし」と記入しましょう。

商品がどれぐらいきれいなのか客観的にわかるよう細かく記入することで、より商品が売れやすくなります。

ただし、気を付けていただきたいのは嘘は絶対につかないこと。

商品の状態が嘘である場合、購入者側から「良くなかった」の評価を受けて自分の評価が下がってしまいます。

この自分に対する評価はメルカリ内で最も重要なものです。

その人から購入しようか迷った時、自分の評価が一番参考にされるものなので、商品の状態は嘘をつかず正直に記入するように気を付けましょう。

ハッシュタグを多めに

メルカリ内でのハッシュタグについて説明します。

商品説明に付いているハッシュダグ(#◯◯)で商品を探すことができます。

商品説明内のハッシュタグをタッチするか、キーワード検索でご希望のハッシュタグを入力して検索すると、該当のハッシュタグが付いた商品を一覧で閲覧することができます。

出典:メルカリHP-メルカリガイド

ハッシュタグを多めに付けることで検索にヒットしやすくなります。

つまり、より多くの人に自分の商品を見てもらえるチャンスが増えるわけです。

買い手の希望目当てではないけれど、たまたま目に入って購入してもらえる(衝動買い的なもの)ということもあるので、多めにハッシュタグを付けるようにしましょう。

例として、私がミリタリーのジャケットを出品するときに付けるハッシュタグを紹介します。

  • #メンズファッション
  • #メンズトップス
  • #メンズジャケット
  • #ジャケット
  • #ミリタリー
  • #軍モノ
  • #ユニセックス

などですね。

商品の大まかなジャンル、詳しいジャンル、ブランド名など、自分が思いつく限りのハッシュタグを付けてみましょう。

出品する日にち・時間帯をチェック

日にち・時間帯をチェックして出品すると購入されやすくなる傾向があります。

みなさんは、お給料日付近になると自分のご褒美や必要なものを買いたくなりませんか?

この考えは他の人も同じで、お給料日付近に出品すると普段よりも商品に目をとめてもらいやすくなり購入されやすくなる傾向があります。

また、スマホを見る時間帯も自分の立場になって考えてみましょう。

ほとんどの人は、平日なら通勤通学時、お昼休み中、就寝するまでのフリータイムに、休日はスマホを見る時間帯はバラバラだと思いますが、ある程度はどの時間帯にスマホを見るか絞れるのではないでしょうか。

そのため、私の場合、

  • 日にち:お給料日に多い15日付近、月末付近
  • 時間帯:平日は11時~13時、19時~21時。休日は13時~17時、20時~23時

に出品するように心がけています。

返信は早く・丁寧に

出品した商品にコメントが来ればチャンスです。

コメントした人は出品した商品に少なからず興味を持っている状態ということを頭に入れましょう。

「鉄は熱いうちに打て」です。

仮に返信が遅いと同じ商品を出品している他の出品者に、せっかくのお客さんを取られてしまうことも。

コメントした人の購買意欲や興味を落とさないためにもコメントが来たら即返信を心がけてください。

また、コメントには的確に丁寧に答えましょう。

メルカリは誰でも簡単に売買出来る点がメリットですが、まだまだ売買の明確な補償などが整っていない印象があります。

匿名で取引をするからこそ、誠実で丁寧な対応がカギとなります。

「この人からなら買っても大丈夫そうだ」という安心感を与えることで、より購入してもらいやすくなりますし自分の評価も高めることができます。

24時間以内に出品

24時間以内に出品することは、自分の中で特に意識しているポイントです。

24時間以内の出品を継続すると、商品の出品者アカウントに青い「スピード発送」バッジが付きます。

商品を購入する立場になって考えてみてください。

同じ商品状態・価格なら、出来る限りすぐに届けてくれる方を選びませんか?

急ぎの人ならなおさら「スピード発送」を選択するはずです。

「スピード発送」の青いバッジが付くだけでも目立つので、商品購入の検討対象により近づけます。

注意点は、継続的に24時間以内をして「スピード発送」の青のバッジが付いたとしても、途中で24時間以内に出品できないとバッジは消えてしまいます

出来る限り24時間以内の出品を心がけた方が売れやすくなると思うので、無理のない範囲で継続してみてください。

まとめ

以上、私なりのメルカリで売れる6つのコツについて紹介しました。

もしかしたら、もう既に知っていたコツがあったかもしれません。

しかし、他の出品者さんたちを見てみると、紹介した6つ全てを実施されている方というのは意外と少ない印象を受けたので、より注意することで、他の出品者さんより売れやすい出品者に近づけると思います。

他にも売れるポイントはあると思いますが、「どのようにしたら商品に興味を持ってもらえるか、購入してもらえるか」などを、自分が購入する側の気持ちになって利用することが重要です。

常に客観的に考えながら利用していくことで、自ずとコツがわかってくると思います。

タイトルとURLをコピーしました