コロナウイルスの自粛期間中にSNSの必要性について考える。

生きること

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

今の社会では、SNSは「無くてはならないモノ」にまで発展を遂げているのではないかと思います。

LINE、Twitter、Instagram、Facebook、などが代表的なSNSですかね。

しかし、突如として猛威を振るったコロナウイルスにより、外出自粛生活を強いられた私達は、家で過す時間が増えました。

家にいる時間が増えた分、スマホを触る時間、SNSを利用する時間も増えたのではないでしょうか。

そこで今回は、SNSの必要性について私自身の考えを述べさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

SNSの必要性

LINEは必要

早速ですが、結論として、

LINE以外必要ないと私は考えます。

LINEは現代の日本社会では、連絡手段として避けられないモノだと思います。

私は、まだ社会人ではないので、会社での連絡手段は何を使うのかは分りませんが、

親を見ていると、連絡手段は会社の人でもLINEを利用しているようでした。

私もアルバイト先では、100%連絡手段はLINEでしたので、恐らくこのままLINEが連絡手段のメインとして続くのだろうと思います。

LINE以外のSNSは必要ない

LINE以外のSNSといえば、Twitter、Instagram、Facebookなどが挙げられますかね。

私は、TwitterとInstagramを利用していましたが、自粛期間中にこの2つのSNSはやめました。

理由としては、なくても全然生きていけると分ったからです。

むしろSNSがない方が幸せなのでは?と思います。

邪悪なSNS

SNSは時間をどんどん奪う

コロナウイルスの影響で、家にいる時間が増えた分、スマホを触る時間も多くなったと思います。

でも、自分の日々のスマホとの関わりを振り返り、何を利用しているのか、調べてみて下さい。

意外とSNSに触れている時間が多いのではないかと。

僕自身もコロナ自粛生活当初は、TwitterとInstagramを利用していましたから、暇な時間があると無意識にTwitterとInstagramを除き込んで、「いつの間にか1時間が過ぎていた」なんてことが、しょっちゅうでした。

毎回、「時間を無駄にしたなあ」と嘆くばかり。

SNSは自己肯定感を下げる

SNSにより、自分の時間が摂取されていることに気づいたことももちろんですが、私がSNSをやめた最大の理由は、自己肯定感を下げられていると感じたからです。

特に、Instagramは毒過ぎました。

Instagramって自分の良いところしか皆さんアップしませんから、自分が苦しんでいたり辛い状況にいるときに、他人の華やかな投稿、人生楽しんでます的な投稿を見ると、

「羨ましい」とか、「みんなと比べて自分なんて」と惨めな思いになっていました。

Twitterは、丁度コロナウイルスが流行りだした頃、私は就活のタイミングでしたので、嫌でも内定マウントをつぶやく人たちが現われたので、自己肯定感を下げるなと感じ、速攻でやめました。

また、Twitterは、自分の中に溜まったストレスのはけ口として利用する人もいて、その人にとってはストレス解消になっているのかもしれませんんが、所詮、他人のマイナスな発言です。

マイナスな発言を見て、気分が明るくなる人なんていないですよね。

SNSをやめてから

時間が増え、自己肯定感が下がらなくなった

SNSをやめてからは、時間が増えた感覚です。

それだけ自分の時間をSNSに摂取されていたのかと思うととても悔しいですが、気づいただけでも良しとしています(笑)

自己肯定感は下がらなくなった気がします。

というか、SNSをやめたことで、他人の生活を見ることをやめたみたいなものですから、

他人の発言・生活に、自分が振り回されなくなったことで、自己肯定感をいじってくる外からの攻撃がなくなったことで、自己肯定感が下がるということが起きにくくなったのではないかと。

結局、自分は自分

他人の発言・生活に振り回されなくなると、「自分は自分」と割り切ることができるなと思いました。

こう思えるようになったということは、自己肯定感が上がったからだと思うので、SNSをやめた効果が顕著に表われているなと。

SNSをやめると、友達付き合いを心配する人もいるかと思います。

私も他人との繋がりを切ってしまうのではないかと心配していましたが、現代のメインの連絡手段はLINEなわけですから、

それ以外のSNSをやめて交流がなくなった人というのは、自分にとって所詮その程度の人間関係だったのだと割り切るだけです。

誰とでも繋がれるSNSは、新たな人脈を広げる手段として活用できますが、今の社会はSNSが発達しすぎて、人間が受け止めきれるキャパシティを情報・人でパンパンにしていると思います。

本当に自分が会いたいこれからも関わっていきたいと思える人を大切にするべきです。

withコロナの生活はまだまだ続くと思われます。

ライフスタイルの見直しと共にSNSの見直しもするべき(何ならやめるべき)なのではないかと私は考えます。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました