【レビュー】VANS スリッポン チェッカーフラッグを1年間履いてみて|サイズ感、履き心地をご紹介!

ファッション

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

VANS スリッポン チェッカーフラッグ を買った時に「レビュー記事を執筆するぞ!」と意気込んで早一年、、、

あっという間に1年間も経ってしまっていました、、、

だったら、約1年間履いた VANS スリッポン チェッカーフラッグ を紹介すれば経年変化?のような経過をお伝えできるかなと思い、今更ながら執筆しようと決めたのです!

VANS スリッポン チェッカーフラッグ

VANS スリッポン チェッカーフラッグとは

以下の文章はVANSスリッポンについての引用文になります。

“#98”SLIP-ONは1982年、「Fast Time At Ridgemont High」でチェッカーボード柄をショーン・ペンが履いていたことから世界中の注目を集め、VANS飛躍の転機となったモデル。

この注目を浴びた出来事がきっかけとなり、“チェッカーボード柄”はVANSを象徴するパターンの一つとなった。

シューレースの無いシンプルデザインと着脱のしやすさから、スケーターだけでなくサーファーにも愛用されているVANSの定番モデル。

ABC-MART VANS スリッポン

ウィメンズとメンズ共に、白Tとディッキーズ874にチェッカーフラッグのスリッポンを合わせる方、結構見ます。

シンプルなスケータースタイルでかっこいいですよね。

私自身もシンプルな服装をすることが多いのですが、足元にチェッカーフラッグのスリッポンを合わせるだけでコーディネートの幅が広がります。

1年間履いた VANS スリッポン チェッカーフラッグ

こちらが1年間履いた VANS スリッポン チェッカーフラッグ になります。

あまり意識して見ていませんでしたが、意外と綺麗な状態でした。

主に近くに用事がある時や軽くスケートボードをする時に履いていました。

かかと部分は少しすり減っていますけどまだまだ履けそうです。

サイド部分の外側と内側がこんな感じ。

汚れが目立つのはソール部分だけですね。

アウトソールも綺麗な状態です。

私的にはガシガシ履いていたつもりだったのですが、耐久性が高いのかもしれませんね。

全体的に見ても汚れが目立つのはソール部分だけでした。

それでも新品の状態時よりかは、鮮明なクリーム色が落ち着いた色に変化したかな?と思います。

フロントやサイドのキャンパス生地に汚れが付いていないのは、雨の日は履かなかったことが大きな理由かもしれません。

ですので、

  • 雑に扱わない
  • 雨の日は履かない

この2点に気を付ければ汚れはそんなに付かないと思います。

それでも「徹底的に汚れを防ぎたい!」と考えている方は、こちらのCrep Protect(クレッププロテクト)防水スプレーを使用すれば完璧です。

この防水スプレー、スニーカー好きなら誰もが手にするであろう最強の防水スプレーなんです。

有名になったのはケチャップをかけても汚れが付かないという超ワクワクする動画。

気になった方はYouTubeで「クレップ 防水スプレー ケチャップ」と検索してみてくださいね。

サイズ感

私の足はこんな感じです。

足長:左足24.7cm右足24.5cm

指先の形:エジプト型(親指が一番長く、小指に向かって指が長くなる形。日本人で最も多い指先のタイプ)

足幅の広さ:標準的(2E)

足甲の高さ:標準的

私が履いているVANS スリッポン チェッカーフラッグのサイズは26cm。

1年間履いてみて、買ったばかりよりかは少しゆとりが出たかなと感じます。

丁度いいゆとりなので私の足に合っているのかと。

ちなみに私はABCマートで購入しました。

サイズ選びは慎重に行った方が良いので、出来るなら店頭での試着をお勧めします。

ABCマートならどの店舗でも売っているはずなので是非店頭で試着してみてください。

通販でし買えないという方はサイズ交換対応の通販業者を選ぶように気を付けてくださいね。

履き心地

履き心地は買った当初と1年間履いた状態を比べて、大きく変わった感じはしません。

当たり前かもしれませんが(笑)

VANS スリッポンはかかと周りにクッションが入っているので安定した履き心地です。

また、靴紐がないため着脱しやすくとても便利です。

サッと履けてサッと脱げるので、特に近場に用事がある時は靴の着脱に時間が取られないので重宝しています。

まとめ

VANS スリッポン チェッカーフラッグを1年間履いたレビュー記事を執筆しました。

履いている方も多いので敬遠されがちなスニーカーですが、裏を返せばそれだけ多くの人に愛されているという証拠でもあります。

シンプルなコーディネートのアクセントになり、かつ着脱しやすいスニーカー。

是非この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました