【レビュー】レッドキャップ ワークパンツpt20|詳細・サイズ感

ファッション

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

暖かい季節になってきたので春夏用のパンツとして、レッドキャップpt20を購入しました。

初レッドキャップのワークパンツです。

ずっと前から気になっていたのですが、レッドキャップのワークパンツを扱っているお店になかなか巡り合えず、実物を見ずに購入することをためらっていました。

私自身、ワークパンツの定番ディッキーズ874を持っているのですが、夏に履くには少し生地が厚いと感じていたので、この機会に思い切って通販でレッドキャップのワークパンツを購入することに。

今回は、レッドキャップのワークパンツpt20の詳細とサイズ感を紹介していきます。

私のようになかなかレッドキャップのワークパンツに触れることができない方々に参考になれば幸いです。

レッドキャップとは?

まずレッドキャップについて軽く紹介します。

以下、レッドキャップのブランドの歴史について紹介した文章を引用しております。

「レッドキャップ(RED KAP)」はアメリカのワークウェア・ユニフォームのブランド。1923年ブランドがスタート。

ブランド名のとおり、赤いキャップがブランドのトレードマーク。そのロゴは1927年に誕生した。

快適で耐久性のあるレッドキャップのワークウェアはすぐに人気となる。1939年までにはワークパンツ、ワークシャツ、シャンブレーシャツ等、様々なアイテムを展開。

第2次世界大戦中は、軍用にガスマスクや軍用服やフィールドジャケットなどを供給。戦後はランドリーネットワークのサービスを開始するなどビジネスを拡げる。

現在では1600万人のアメリカ労働者にワークウェアを供給しているメジャーブランドとなっている。

fashion press 「RED KAP」

レッドキャップはアメリカ生まれのワークブランドなんですね。

第二次世界大戦中に軍用品を供給していたことから、昔から信頼のあるブランドだということがわかりますね。

レッドキャップpt20 詳細

次に、レッドキャップpt20の詳細を見ていきましょう。

センタープレスが入っておりますが、あまり強くないセンタープレスです。

何回か洗濯すると取れると思います。

奥)ディッキーズ874 手前)レッドキャップpt20

こちらはディッキーズ874とレッドキャップpt20を並べた画像です。

手前のレッドキャップpt20の方がツヤがあるのが伝わるでしょうか。

このツヤ個人的に良いなと感じました。

パンツの前開き部分です。

ボタンで留めるジッパーフライ。

ディッキーズ874は金具で引っ掛けるタイプですよね。

個人的にはボタンで留める方が好きです。

ボタンは少々締めにくい感じがしますが、そこまで気になるほどではないです。

個人的にナイスだと思うのがこのポケット口。

ポケット口がパンツと並行でないため、ポケットに物を出し入れしやすいです。

ベルトループの長さは約6cm。

太めのベルトも通しやすいですね。

後ろの右ポケット少し上にレッドキャップの布タグが付いています。

チラッと見える赤の布タグがかっこいいです。

裏側にはオレンジカラーのレッドキャップ布のタグが付いています。

履くときに少しテンションが上がります。

縫製が気になる

個人的に気になったところが、縫製のラフさです。

前開きの部分や裾部分の縫製がラフだなという印象です。

これは日ごろからユニクロなどの低価格で高品質な服に慣れてしまっている日本人だからこそ気になってしまうのかもしれませんね。

最低限の縫製はされているので問題なく履けると思いますが、洗濯を繰り返したらどうなるんだろうと少し心配な面はあります。

私自身、買った服は長く愛用したいものなので。

とは言ってもワークパンツですのでね、あんまり気にしないでガシガシ履いていきたいです。

サイズ感 身長167cm 体重50kg やせ型 

私のレッドキャップpt20着用画像を載せたいと思います。

身長167cm 体重50kg やせ型 です。

レッドキャップpt20のサイズはw28L30を購入しました。

w28 :ウエスト72cm 股上27.5cm ワタリ29cm 裾幅19cm

L30 :約75~76cm

まずは正面から。

次に横からです。

レングスが少し長いかもしれないですね。

個人的には、ややダボっと履きたかったので全然アリかなと思います。

ややダボっとして履きつつも、そこまでストリート感が出ないのがいい感じ。

見た目としては、ワイド過ぎず細くない丁度いい感じのパンツです。

次にワンロールした場合です。

ワンロールしてワンクッションな状態です。

私の体型ですと、ワンロールでレングスが丁度いいサイズ感みたいですね。

レッドキャップpt20を履いてみての感想

率直に履きやすいワークパンツだなと感じました。

私自身、ワークパンツはディッキーズ874しか履いたことがなく、生地がガッシリしているイメージだったので、レッドキャップpt20の履きやすさには驚きました。

レッドキャップpt20の生地は最初から柔らかく薄いけどしっかりとした生地で夏でも快適に履けそうです。

春夏の暖かい気温の日に重宝することになるであろうパンツです。

ただし、生地が割と薄いので秋冬の肌寒い季節には履けないかなと思いました。

レッドキャップ ワークパンツpt20の詳細とサイズ感などを紹介しました。

私自身もっと早くから履けばよかったと後悔しております(笑)

まだレッドキャップのワークパンツ履いたことない方々に是非履いていただきたいパンツです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました