【レビュー】VANS COMFYCUSH(コンフィクッシュ) オーセンティック。細部、サイズ感、履き心地など。

ファッション

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

最近、VANS COMFYCUSH(コンフィクッシュ) オーセンティックを購入しました。

VANS オーセンティックは、定番スニーカーの一つですよね。

購入のきっかけは、私は「Pinterest」でファッションスナップを集めるのが好きなのですが、気に入ったスナップでオーセンティックを履いている人が多い傾向だったんです。

それで、「オーセンティック買おう」と思ったのですが、ふと、VANS好きな友達の「オーセンティックは足痛くなるよ」という言葉を思い出したんですよね。

実際ネットの口コミでも、「オーセンティックは足疲れる」、「オーセンティックよりエラの方が履きやすい」といった意見を多々見かけたので購入を迷っていました。

履きやすさを重視してエラにしようかなとも思ったんですけど、エラのかかと周りのぼてっとした印象があまり好きになれず。

オーセンティックのかかと周りのスキッリ感に惹かれていたので、「履きやすさは我慢するしかない」と妥協した頃でした。

たまたまネットで、「VANSが履きやすさを向上させた『COMFYCUSH(コンフィクッシュ)』タイプを発売!」という記事を発見したのです。

「これだー!!」と歓喜しすぐさま購入。

今回は、VANS COMFYCUSH(コンフィクッシュ) オーセンティックの細部、サイズ感、履き心地をレビューしたいと思います。

COMFYCUSH(コンフィクッシュ)とは?

まず、「COMFYCUSH(コンフィクッシュ)」について説明したいと思います。

以下の文章は、VANS公式ウェブサイトからの引用になります。

Vansのフットウェアデザイン部門のシニアディレクターであるNatanial lottは

「ComfyCushは常に変化し続けるユーザーのニーズにどのように答えるのかをわかりやすく示した1足になると思います。シューズ内部にはワンピース構造を採用し、インソールにはアーチサポートをを加えフィット感と安定性を向上。ソールには生ゴムの原料泡立てて凝固させたフォームラバーにより雲の上を歩くような履き心地を実現、アウトソールにはVans伝統のゴムアウトソールを貼り付ける事で、クッション性とグリップ性が調和したVans史上最も快適な1足になっています。」

とComfyCushの特徴を伝えています。

Vans Japan Official Website https://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/vans-comfycush.html
インソール
アウトソール

グローバルマーチャンダイズマネージャーであるMatthew Pinoは、

「真新しいものを発表する時には大体劇的なアップデートをしていく事が多いが、ComfyCushはあくまで“真のクラシック”であるという所がポイントです。少し離れた所からComfyCushを見た人は、この靴が今までのVansClassicモデルとは異なる靴だと思う人はほとんどいないと思います。それはブランドとしてのポリシーとしてだけではなく、VansのClassicモデルを新しいファンに広めていく事にも繋がる事と思っています。」

と語る。

Vans Japan Official Website https://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/vans-comfycush.html

デザインは既存のクラシックモデルのままで履きやすさだけをアップデートさせた。

「VANSのクラシックなスニーカーを広めたい」、「VANSをより多くの人たちに知ってもらいたい」というMatthew Pino氏のVANS愛が伝わってきますね。

今日の日々進化が進むスニーカー界隈に「古き良きデザインを大事にしようよ」というメッセージとも捉えられます。

ビジネス戦略としても賢い手法をとったのではないでしょうか。

細部

それでは、オーセンティック COMFYCUCH(コンフィクッシュ)の細部を見ていきます。

まず、側面です。

シンプルなデザインですね。

これぞ、VANSって感じです。

ローテクスニーカー定番のキャンバス生地です。

ズームして寄ってみます。

履き口部分です。

履き口部分はステッチが施されスキッリ感があります。

このステッチとかかと周りのスキッリ感に惹かれて購入したと言っても過言ではありません。

ちなみに、ヒールの高さは2.3cmでした。

サイズ感

私の足はこのようなサイズです。

足長:左足24.7cm右足24.5cm

指先の形:エジプト型(親指が一番長く、小指に向かって指が長くなる形。日本人で最も多い指先のタイプ)

足幅の広さ:標準的(2E)

足甲の高さ:標準的

私はABCマートのオンラインショップで25.5cmを購入しました。

ちなみにVANSのスニーカーでは「スリッポン」を持っているのですが、そちらは26.0cmを履いています。

私が住んでいる地域にオーセンティックを取り扱っているお店がなかったので、サイズ選びは慎重に行いました。

というのも、オーセンティックはかかと周りにクッションが入っていないので、ジャストサイズじゃないと歩きにくくなりそうだなと思ったからです。

ZOZOTOWNの計測結果によるとオーセンティックのサイズは以下のように推奨されていました。

25.5cmより26.0cmを推奨されていますね。

ですが、私と似た足の方は26.0cmでは少し緩く感じるんじゃないかなと思います。

私の普段の靴下「レイルロード」というわりと厚めの靴下を履いて25.5cmでジャストサイズなので、薄めの靴下だと26.0cmではゆるゆるになってしまうかなと。

普段から厚めの靴下を履いている方の場合26.0cmでも大丈夫そうな気もしますが、薄めの靴下を履いている方はよりサイズ選びには慎重に行った方が良さそうです。

手持ちの靴下の厚さでサイズ選びを判断するのも一つの方法ですね。

私自身、厚めの靴下を履いているので最初に履いた時は少しきつく感じましたが、何回か履いているうちにきつさは緩んでいったので結果的に25.5cmで大丈夫でした。

履き心地

履き心地は、めちゃくちゃいい!です。

オーセンティック自体初めて履いたので、定番モデルとコンフィクッシュの違いはわからないのですが、クッション性があってモチモチ感があります。

でこぼこな所を歩くと、アウトソールとインソールが「モチッ」と足を守ってくれる感じがたまらないです。

やみつきになる感触です。

まとめ

VANS COMFYCUSH(コンフィクッシュ) オーセンティックのレビューをしました。

私が気に入ったファッションスナップの足元にオーセンティックを履いている人が多いと冒頭で述べましたが、実はそのほとんどが使い古されている状態のオーセンティックでした。

その使い古されたオーセンティックがまた味のある雰囲気を出しているんです。

使い古されたスニーカーをかっこいいと思うとは新たな発見でした。

かと言って雑に履くのは嫌なので、たくさん履いて徐々に味のある使い古されたオーセンティックにしていきたいです。

履きこんで良い感じになったら記事にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました