【レビュー】おしゃれ、滑り止め付き、コスパ良しなワークマン作業用手袋がおすすめ

生活雑貨

こんにちは。

ヒロ。(@Hirolog_411)です。

仕事で作業用手袋を使う機会があり今まで使っていた手袋がボロボロになってしまったので新しく新調することに。

ネットで探すもデザインがお洒落な手袋は、ほとんど1,000円は超えのものばかり。

お洒落で滑り止め付いててコスパ良しな手袋って以外とないもんなだな〜と諦めていた時に発見。

たどり着いた作業用手袋は近場のワークマンプラスにありました。

購入したのは、ワーク&アウトドアグローブという名前の作業用手袋。

こちらは「ワークマンベスト」というブランドの一般のお客様向けのカジュアルライン「wmb」の商品。

色はモカを選びました。

それでは紹介していきます。

ワークマン作業用手袋 おすすめポイント

おすすめポイント3つ紹介します。

遊び心あるデザイン

印象的な目玉焼きのイラスト。

遊び心あって面白いです。

どうして目玉焼きなのかは気になるところですが(笑)

また、私が購入したモカの色合いが絶妙。

主張し過ぎないけどお洒落さを出してくれる淡いブラウンカラーが良きです。

庭仕事やアウトドアの時にテンションを上げてくれそうです。

使いやすい

こちらワークマン作業用手袋の裏面の画像です。

少しザラザラしています。

このザラザラが滑り止めの役割をしているのでツルツルしたものも持ちやすいです。

普通の軍手では滑って持ちにくい軽いプラスチック製のボールペンもしっかり握れます。

手袋をしている時にボールペンで何か書かなきゃならないという状況でも手袋をはめたままで大丈夫。

いちいち手袋を脱いでって結構面倒なので非常に助かります。

また、薄型なので細かな作業もストレスなくできる点も使いやすいポイント。

写真での伝え方がいまいち思いつかなかったので、手をグーパーグーパーさせて薄く伸縮性があるアピールをしております。

薄い生地も柔らかい素材ですので手にジャストフィットしてくれます。

ジャストフィットのおかげで素肌感覚で作業することができるので細かな作業にもピッタリです。

コスパ良し

こちらのワークマン作業用手袋おいくらぐらいすると思いましたか?

なんと税込99円

税込みですよ?(笑)

値札見て思わず二度見してしまいました。

100円ショップより安いってどゆこと?(笑)

お洒落で使いやすいのに税込99円は逆に心配になります。

気になるところ

この世に100点満点!という商品はなかなかないのでね、私が感じた気になるところを2つ挙げたいと思います。

蒸れやすい

写真からも伝わるかと思いますが、表の生地がメッシュ素材になっております。

え?メッシュだから蒸れないんじゃないの?と疑問に思われるかと思います。

問題は裏の滑り止めの方なんです。

裏面はほとんど通気性がありません。

また、表面も良く見ると滑り止めの部分が指の三分の二覆われているのがわかるでしょうか。

手の汗をかきやすい箇所が通気性が悪いので、使用していて蒸れやすいと感じました。

私は作業中手が蒸れてきたら、一旦手袋を脱いで乾かす作業をしています。

耐久性は高くない

ワークマン作業用手袋を手にはめるときに手首部分を引っ張るのですが、その時に手首付近の紐が少しほつれることがありました。

まだ買ったばかりでなってしまったので、これから使用回数も増えるとなるとボロボロになってしまうのかなという心配はあります。

まあ、値段のことを考えたらしょうがないです。

しかし、安いのでボロボロになったらまた新しいの買えばいいだけなのですが、なるべく買ったものは長く使いたい性分でして。

また、この時代SDGsを意識するのであればあまりゴミは増やさない方がいいと思うのですが、ワークマンさんはどのように考えているのか気になるところです。

サイズ選び

私はSサイズを購入しました。

私の手は手首から中指まで約19cm、幅は約8.5cm。

実際に店舗にて試着して選びました。

Sサイズで私はぴったりでした。

ワークマン公式オンラインストアによるとサイズ展開は以下の通りです。

サイズSSSML
全長220mm230mm240mm250mm
重量36g42g47g52g

Sサイズは少し窮屈かなと感じましたが、使っていくに連れてだんだん緩んでいき、丁度良い状態になりました。

まとめ

お洒落でコスパ良しの作業用手袋おすすめです。

今回の記事のまとめです。

おすすめポイントは、

  • 遊び心あるデザイン
  • 使いやすい
  • コスパ良し

反対に気になるところは、

  • 蒸れやすい
  • 耐久性は高くない

今回紹介しましたワークマンの作業用手袋ですが、モカの他にグリーンとパープルもあり、全部で三色展開となっています。

また、特徴的なイラストも各色で異なっているので、気になる方は是非ワークマン公式オンラインストアにてチェックしてみてください。

ワークマン公式オンラインストアでは完売の状態ですが、店舗にはあるかと思われます。

作業用手袋を探していた方、この機会にワークマン作業用手袋ご検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました